# 防災グッズには非常食をいれましょう

地震や火災、台風の被害というのはいつなんどきやってくるかわかりません。そのためには、防災グッズを常に用意しておくとよいでしょう。日用品から、懐中電灯、乾電池や防寒具なども必要ですが、一番大切なのがお水と非常食です。非常食ときくと、昔からある乾パンが有名ですね。乾パンはスーパーに行けばすぐに買う事ができるので、せめて一週間は食べれるぐらいの量を備えておきましょう。また、乾パン以外の非常食として、意外とおすすめなのがアウトドアショップに売っている食べ物などです。水を入れるだけで調理ができるものや、お米を炊かずにごはんが食べれるものなど、外で暮らすためのごはんが豊富に売っています。アウトドアをやらない人でも、防災グッズをそろえる時には一度アウトドアショップにいってみると非常時に役立つものがたくさんあるのでおススメです。

防災の為の非常食について

いつやってくるかわからない災害の為には、防災グッズを用意する必要があります。その中に必ず入れるものとしては、命の生命線であるお水と非常食です。非常食というと、乾パンが有名ですが、今ではグルメを意識したようなおいしい物がたくさん売られています。缶詰の中にパンが入っているものや、水を入れるだけでご飯がたべれるものや、レトルトパウチにはいったおかずなど様々な物があります。変わったものとして、おでんやシチュー、カレーやラーメンといった味にもこだわりのある非常食まであります。また、チョコレートやビスケットなどもカロリーが高い分、災害時には栄養価のある食べ物として重宝します。日持ちも良いので、常に家にストックしておくとよいでしょう。あとはナッツ類なども栄養価も高くもち運びにも便利ですのでまとめて買っておくとよいでしょう。ただ、それらに関しては賞味期限というのがあるので、1年に一度、あまった食材はみんなで食べて、新たに揃えると良いですね。

防災用品の非常食について

最近、日本では地震が増えています。東日本大震災から、人々の警戒心もたかまりました。そこで、求められるのが防災用品です。例えば、非常食。食は人間にとってなくてはならないものの一つだと思います。最近の非常食はとても便利で缶詰やカンパンはもちろん、レトルトの中でもカレーやハンバーグなどの子供も喜ぶ食事もあります。以前までは味があまり美味しくなかったりと食べにくいものが多かったですが最近のは味も種類も充実しており、より理想に近いものとなっています。非常食は防災セットに入っており、購入する人も増えています。災害があったときにすぐに持ち出せ、危機的状況の時にとても役立ちます。一家に一つ用意していると何かあったときに命をも左右するかもしれません。そういった防災を積み重ねていくことで、自分を守ることに繋がるでしょう。